2017年=激動する東アジア情勢 沖縄・韓国民衆と連帯して闘おう 2・12集会

日時・場所:2月12日(日)、午後1時開場・午後1時半開会(~午後5時)

    日本キリスト教会館

 

 講演 トランプ政権登場が意味するもの」

 講師 鵜飼 哲(一橋大学大学院教授 哲学者 フランス現代思想)

 

主催:戦争法廃止!安倍たおせ!反戦実行委員会

 

連絡先:03-6206-1101(9条改憲阻止の会)、090-6481-6713(松平)、090-2751-3349(嶋田)

 


戦争法廃止・安倍たおせ!12・12集会

2015年を振り返り 新たな闘いを展望する

日時:12月12日(土) 1時半開場、2時開始 (デモはありません)

会場:千駄ヶ谷区民会館

 安倍政権は、圧倒的多数の反対の声を踏みにじり、強行採決によって戦争法を成立させました。この暴挙に対する怒りはいささかも鎮まってはいません。むしろ安倍政権の暴走を絶対に許さない、たおすしかない、という労働者民衆の確信は一層強くなっています。

 労働者民衆の安倍政治への糾弾から逃げるために、安倍政権は、臨時国会の開会を拒否し、「アベノミクスの第二ステージ」として「新・三本の矢」なる無内容な政策を打ち出しました。介護や社会保障の領域でなんら財政的裏づけもない言葉だけの施策を並べています。来年の参議院選挙のための見え透いた演出にほかなりません。TPP合意や消費税増税、労働法制の改悪など、大資本の利益を優先し労働者民衆の搾取を強め貧困を強制する安倍政権の本性が一層明確になってきています。また戦争法の成立直後から、沖縄に襲いかかり、翁長知事の埋立承認取消処分を無効化し、埋め立て本体工事に着手しようとしています。辺野古の闘いは戦争国家化を阻止する闘いの最前線です。沖縄人民に連帯し、新基地建設を粉砕しましょう。

 戦争法の成立は、これから始まる具体的な戦争への動き・安倍政権との新たな闘いの始まりです。米軍支援や国際平和を名目に、自衛隊の海外派兵・米軍との共同作戦が公然と打ち出されてくるでしょう。それは必ず他国・勢力に対する脅威の扇動・敵視の排外主義キャンペーンと一体となってやってきます。

 この帝国主義による労働者民衆を戦争に協力・動員する常套手段ともいえる扇動・敵視の排外主義キャンペーンと対決し、戦争法の具体的な発動と闘っていかなくてはなくてはなりません。自国の侵略戦争と闘う困難性は、20世紀の戦争の時代の教訓です。反帝国主義・国際連帯の思想と行動こそ安倍政権の戦争国家を打ち砕く労働者民衆の武器です。

 私たち「戦争法廃止! 安倍たおせ! 反戦実行委員会」は、今年3月、安倍の戦争法案を阻止するために、30数団体・個人が考え方の違いをのり越え、対等の立場で結成したネットワークです。戦争法の成立から始まる新たな闘いにむけて名称を変更し、さらに仲間を増やし、戦争と貧困を労働者民衆に強制する安倍政権と対決する闘いを開始する決意です。

「戦争する国」の道をうち砕き、「成長戦略」の幻想を払拭して、脱原発社会、自然との共生社会、地域循環型社会、協同・連帯社会といった、人と人、人と自然の新しい関係を、国境を越えて創造していく、私たちの道を切り拓いていきましょう。

 12月12日(土)の集会は、戦争法廃止・安倍打倒に向けて多くの仲間の結集によって、反戦実の次の闘いへの出発を確認していく集会です。講師に東京新聞の半田滋さんをお招きして、戦争法成立からはじめる安倍政権の動向について講演をしていただきます。また反戦実の結成から9月国会前の闘いを総括し、これからの闘いの方針を全体で確認する基調を提起します。反戦実の旗の下に結集し、ともに闘うことを訴えます。

 


14日から18日午後5時 国会正門前へ

反戦実は最後まであきらめません。「戦争法案」成立阻止!

当面、14日(月)~18日午後5時、いつもの国会正門前に集合し、総がかり行動に合流します。反戦実の黄色いノボリを目印においでください。8月30日を上回る人数で国会前を埋め尽くし、国会を包囲しましょう。


8.30 12万人国会包囲の成果をさらに発展させるため

9.6安倍たおせ!新宿デモ への参加を

 8.30国会包囲は、12万人を超える人々が結集し、国会正門へ通じる正面の

道路を完全に人で埋め尽くしました。違憲法案を提出し無理やり成立させよう

とする政府与党への民衆の強い怒りは、人々を狭い歩道から解き放ち、広い車

道へと導いたのです。

 それでもなお、安倍内閣と自民党・公明党は、戦争法案を成立させようと隙

をうかがっています。これらの策動を打ち砕くためには、もっと多くの人々が

国会前に集まり、戦争法案成立阻止の意思を示す必要があります。

  

  新宿で、戦争法案成立阻止のシュプレヒコールを挙げ、街を行きかう人々に

アピールし、国会への結集を呼びかけましょう。


 9.6安倍たおせ!新宿デモへの参加を!


【9・6安倍たおせ!新宿デモ】

・日時:9月6日(日)12時集合  12時45分集会開始  午後1時10分デモ出発

・集合場所:新宿中央公園 水の広場

・呼びかけ:集団的自衛権法制化阻止・安倍たおせ!反戦実行委員会(反戦実)

・連絡先:03-6206-1101(9条改憲阻止の会)

          090-6481-6713(松平)

          090-2751-3349(嶋田)


※集合時刻が、チラシでのお知らせよりも早まり、12時と1時間早くなってい

 ますので、ご注意ください。デモ出発も13時10分と予定より早まってお

 ります。


7月14日(火)

 午後6時  日比谷図書館前集合 集会とデモ


 午後6時半から日比谷野外音楽堂で開かれる「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催の「戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会」と国会までのデモに参加。


7月15日(水)~17日(金)

 午後1時  衆議院第二議員会館(参議院議員会館前付近)集合 座り込み

 午後6時半 国会正門前集合 集会


 午後1時から5時まで行われる「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催の「戦争法案反対 強行採決反対国会前座り込み行動」にに反戦実の一翼を担って参加。

 午後6時半からの「総がかり行動実行委員会」主催の「戦争法案反対 強行採決反対国会正門前大集会」に参加。


6月24日(水) 18時半~20時 

 「とめよう戦争法案!集まろう国会へ!6・24国会包囲行動」に参加 国会正門前

6月22日(月) 10時から19時30分

 会期延長弾劾、戦争法案廃案要求座込 衆院第二議員会館前

6月21日(日)安倍たおせ!全国総決起集会(千駄ヶ谷区民会館)

 午後2時   集会開会

 午後4時半  デモ出発


当面の予定(6月)

6月14日(日)

 午後1時 国会正門前 集会

 午後2時 『とめよう!戦争法案 集まろう国会へ6・14国会包囲行動』に合流

6月15日(月)~6月19日(金)

 午後4時~午後7時半 国会前座り込み


当面の行動予定(2015年5月)

5月11~15日 衆院議員会館前座り込み 午前10時から午後4時

5月12日 戦争法案反対集会に参加 日比谷野音
 (反戦実は5時30分 日比谷図書館前集合) 5月18~24日 国会正門前座り込み 午前10時から午後4時 5月24日 午後2時からの沖縄・国会包囲ヒューマンチェーンに合流